ピックアップ記事
晒クラフト紙とは【紙袋の用紙の違いが分かる】

紙袋の原紙として用いられる【晒クラフト紙】とはどんな紙なのかを詳しく紹介します!

AM中のご連絡で最短当日お見積り

晒クラフト紙とは?

晒クラフト紙とは、クラフト紙を漂白して真っ白にした紙のことです。
「薬品に晒した(=薬品を用いて白くした)」ことから、晒クラフト紙と呼ばれています。
茶色の未晒クラフト紙や、薄い茶色の半晒クラフト紙と同じ【針葉樹の繊維】が原料です。
『クラフト紙』はそれぞれ漂白の度合いが異なるだけなので、ざっくり言い換えると以下です!
・未晒クラフト紙⇒未漂白の茶色いクラフト紙
・半晒クラフト紙⇒半端に漂白した薄茶色のクラフト紙
・晒クラフト紙⇒漂白した真っ白のクラフト紙

晒クラフト紙の読み方

晒クラフト紙は、「さらしくらふとし」と読みます。

晒クラフト紙の別名

白色クラフト紙、とも呼ばれています。

晒クラフト紙の用途

一般事務用封筒、手提げ袋、包装用、角底袋などに用いられます。

晒クラフト紙の特徴

丈夫で破れにくい

漂白したぶん強度はやや落ちますが、クラフト紙特有の針葉樹の長い繊維がしっかり残っています。
そのため、晒クラフト紙はコート紙に比べて丈夫で破れにくいです!

柔らかな風合い

晒クラフト紙は表面に光沢がないため、しっとり・スッキリした抜け感があります。
紙自体に長めの繊維が残っているため、ほのかにふんわり柔らかな風合いがあります。
ややザラッとした、優しい手触りです。

印刷がきれいに発色する

真っ白に漂白しているため、印刷がきれいに発色します。
また、繊維の間にインクが沈みやすいため、印刷部分もナチュラルで落ち着いた印象に仕上がります。

晒クラフト紙を用紙に用いた紙袋の印象

晒クラフト紙を用いた紙袋は、以下のような印象を醸し出します!

  • 清潔感がある
  • ニュートラル
  • スタンダード
  • ふんわり
  • 和風

清潔感のある、はんなり和風なイメージを伝えるのにぴったりな素材です!

世界に一つのオリジナル紙袋をお作りいたします!
井上工業所東京室では、高品質なオリジナル紙袋の製作をリーズナブルに承っております。
ご相談・ご質問・お見積りは完全無料です。
営業や勧誘など一切いたしませんので、どうぞご安心してお問い合わせくださいませ。

    紙袋作りはまるっとプロにおまかせ!

    井上工業所は昭和22年の創立以来、お客様のニーズに寄り添い紙袋作りに磨きをかけてまいりました。
    高品質かつリーズナブルな【世界に一つのオリジナル紙袋】をカンタンにお作りいただけますよう、誠心誠意サポートいたします!
    紙袋作りに関する疑問がありましたら、些細なことでも
    迷わずご質問ください。単価をおさえるためのご提案などもいたします。
    下記メールまたはお電話にて、お気軽にお問い合わせくださいませ。
    運営者情報>