ピックアップ記事
未晒クラフト紙とは【紙袋の用紙の違いが分かる】

紙袋の原紙として用いられる【未晒クラフト紙】とはどんな紙なのかを詳しく紹介します!

AM中のご連絡で最短当日お見積り

未晒クラフト紙とは?

未晒クラフト紙とは、パルプを原料にした紙のうち、漂白の行われていないものを指します。
漂白されていないため、素材そのままの素朴な茶色をしています。
「パルプ」とは紙の原料にすることを目的に木材から分離された「植物繊維」のことです。
強度を高めるために針葉樹の繊維が用いられています。

未晒クラフト紙の読み方

未晒クラフト紙は、「みさらしくらふとし」、もしくは「みざらしくらふとし」と読みます。

未晒クラフト紙の別名

茶紙、ハトロン紙、両更クラフト紙(りょうざらくらふとし)とも呼ばれています。

未晒クラフト紙の用途

重袋や米袋、梱包紙、手提げ袋などに用いられます。
マクドナルドやスターバックス、無印良品の紙袋として用いられている用紙も、未晒クラフト紙です。

未晒クラフト紙の特徴

強度が高い

未晒クラフトは、原料であるパルプの繊維が長いため、強度が非常に高いです。
同じくパルプを原料にしたクラフト紙の中でも、漂白加工を施していない分強度が高いです。

表面がザラッとした手触り

未晒クラフトは、表面がザラッとした手触りです。
ツヤのないマットな質感で、繊維まじりの独特の風合いが楽しめます。

価格がリーズナブル

未晒クラフトは漂白の工程を経ない分、価格がリーズナブルです。
コストを抑えたいときにもばっちりです。

未晒クラフト紙を用いた紙袋の印象

未晒クラフトを用いた紙袋は、以下のような印象を醸し出します!

  • ナチュラル
  • 自然派
  • オーガニック
  • 懐かしい
  • 素朴
  • エコ
  • 温かみがある

無添加や健康、質実剛健なイメージを伝えるのにぴったりな素材です!

世界に一つのオリジナル紙袋をお作りいたします!
井上工業所東京室では、高品質なオリジナル紙袋の製作をリーズナブルに承っております。
ご相談・ご質問・お見積りは完全無料です。
営業や勧誘など一切いたしませんので、どうぞご安心してお問い合わせくださいませ。

    紙袋作りはまるっとプロにおまかせ!

    井上工業所は昭和22年の創立以来、お客様のニーズに寄り添い紙袋作りに磨きをかけてまいりました。
    高品質かつリーズナブルな【世界に一つのオリジナル紙袋】をカンタンにお作りいただけますよう、誠心誠意サポートいたします!
    紙袋作りに関する疑問がありましたら、些細なことでも
    迷わずご質問ください。単価をおさえるためのご提案などもいたします。
    下記メールまたはお電話にて、お気軽にお問い合わせくださいませ。
    運営者情報>