ピックアップ記事
穴タイプとは【紙袋の手提げタイプの違いが分かる】

紙袋の手提げのタイプの1種である【穴タイプ】とはどんな取り付けタイプなのかを詳しく紹介します。

AM中のご連絡で最短当日お見積り

穴タイプとは?

穴タイプとは、紙袋の開口部に丸穴を開けて提げ紐を取り付けるタイプのことです。
開口部には厚紙台紙を接着し、紐は内側でしっかり団子結びをするため、簡単に紐が引き抜けることはありません。
取り付けは手作業で行うため、そのぶん工賃は高めですが、手仕上げならではの高級感があります。

また、オプションでハトメ金具を取り付けることもできます。
ハトメ金具は過重によって穴が広がることを防いでくれるため、さらに耐荷重が高くなります。

穴タイプの特徴

耐荷重が高い!

穴タイプでは、紙袋本体に紐を通してしっかりと玉結します。
重い物を入れても、紐が本体から引っこ抜けることはなかなかありません。

手間ひまかけた高級感がある!

穴タイプでの紐の取り付けは、全て手作業でおこなわれます。
紙袋の内側できゅっと結ばれた紐は、そこはかとない力強さと、手間ひまかけた物質的複雑さがあります。
結ぶという行為自体、エントロピーの増大と引き換えに新たな機能性を得るようでいて、なんだかロマンチックでさえありますね!
人類が知恵をもってして複雑性を可能性に変換するさまは筆舌に尽くしがたく美しいです。
機械化が進んだ昨今、手作業の痕跡は高級感として人々の心に響きます!

紐の柔らかさを表現できる!

穴タイプでは紐が紙袋本体からクタッと垂れさがります。
紐の柔らかさが存分に視覚的に味わえるため、贅沢な雰囲気があります。
穴タイプの取り付け方は、アクリル丸紐やエクセルフィラメント等、柔らかな素材の紐にぴったりです。

穴タイプを提げ手に用いた紙袋の印象

穴タイプを用いた紙袋は、以下のような印象を醸し出します!

  • 手間ひまかけた高級感
  • しなやかで柔らか
  • 力強い

特別な高級感を醸し出すことができるので、ジュエリーや嗜好品をいれる紙袋にぴったりな取り付け方法です!

世界に一つのオリジナル紙袋をお作りいたします!
井上工業所東京室では、高品質なオリジナル紙袋の製作をリーズナブルに承っております。
ご相談・ご質問・お見積りは完全無料です。
営業や勧誘など一切いたしませんので、どうぞご安心してお問い合わせくださいませ。

    紙袋作りはまるっとプロにおまかせ!

    井上工業所は昭和22年の創立以来、お客様のニーズに寄り添い紙袋作りに磨きをかけてまいりました。
    高品質かつリーズナブルな【世界に一つのオリジナル紙袋】をカンタンにお作りいただけますよう、誠心誠意サポートいたします!
    紙袋作りに関する疑問がありましたら、些細なことでも
    迷わずご質問ください。単価をおさえるためのご提案などもいたします。
    下記メールまたはお電話にて、お気軽にお問い合わせくださいませ。
    運営者情報>